オフィス引越しを成功させたい!実施前に理解しておくべきノウハウを大公開

オフィス引越しをするにあたって確認しておかなければいけないポイントがあります。
公共交通機関からのアクセス性や、夜間の利用に関する規約などです。
雑居ビルでは夜間の利用が可能ですが、住宅エリアを兼ねている物件では21時までで商用利用をやめなければいけない物件も少なくありません。
こうした規約を事前確認しておくことで、引越し後のトラブルを未然に防ぐことが出来るのです。
ターミナル駅からアクセスしやすい路線駅であることも、従業員の利便性では重視したいポイントになります。

オフィス引越しを成功させたい!実施前に理解しておくべきノウハウを大公開

オフィス引越しは費用も時間もかかるものなので、事前にポイントを絞りながら慎重に検討していかなければなりません。
ノウハウもありますがまずは目的の明確と、費用の計算をしてプラスになる材料を把握することが重要なのです。
ノウハウとしては引越し先のインフラを調べておき、社員数に対して休憩室やトイレなどの許容量が十分か検討することを忘れてはいけません。
仕事に不可欠な生活な部分を軽視すると、仕事の効率も下降してしまうからです。
オフィス引越しではオフィスでの衣食住を充実させて、仕事の効率化を上昇させることも大きなポイントになります。

オフィス引越しでやることをリストアップ

会社の事業規模の変更などで、オフィス引越しを行う必要があるということがあります。
その際には、様々な手続きや作業を行わなければなりません。
提出時期が決まった各種の届けなどもありますので、あらかじめスケジュールをきちんとしておくことが大切です。
やるべき事としては、やることの事項をリストアップし、それらをどの時期に行うことかというスケジュールをたてる事になってきます。
その際には、先ほど述べた役所への届出の時期というものも含むべき事です。
このようにしてオフィス引越しの事項のリストアップが終わった後に、具体的なスケジュールを立てることになりますが、この移転実施のためのリストに必要な事項としては、新たな物件をどのような条件で探すかということや現在のオフィスの契約終了手続きをどのように遂行するかという事項も含まれます。
さらに、移転先のオフィスをどのように整備するかという事項についても計画を立てる事が大切です。

オフィス引越しの効率を上げる段取り

オフィス引越しを必要とする際には、最初に段取りをしかりとしておく方法で当日の作業効率を上げることが可能になります。
引越し先のオフィスは既に確認済みにはなりますが、オフィス引越しを依頼する専門会社のスタッフと同行をして、レイアウトを事前に決めることは必須です。
デスクの配列やオフィス家具の設置場所、カウンターや看板類の設置場所など細かくシミュレーションを済ませることでスムーズな設営を行えます。
更に重要となる段取りはあり、パソコンと大型複合機などの設置場所と配線を整える内容があります。
オフィスの場合は配線ダクトを使うことが一般的ですが、デスク周りから壁面へと配線ダクトを用いる際には、そのレイアウトも十分に検討しておかないと新設する配線ダクトの必要数を明確化することができないので、かなり重要な部分になることは明らかです。
後は専門会社側からのアドバイスを聞いておき、最適化することができればオフィス引越しの効率を上げることに成功できます。

オフィス引越しにおける仲介業者の選び方

オフィス引越しの仲介業者は、専門性の高さで選ばなければいけません。
オフィスの場合は通常の引越しとは異なる点がいくつもあり、特に取り扱う物件の数には大きな差があります。
理想的なオフィスに引っ越しをするためにも、専門業者を選ぶようにしてください。
同じ専門業者でも、さらに見極めておきたいのが得意分野です。
ベンチャーやスタートアップなど小規模事業者に強みがあったり、新宿や渋谷など特定のエリアに強みがある場合などもあります。
オフィス引越しをする場合は、専門業者の得意としている分野にも注意しましょう。
職場環境への知識が豊富であることも、オフィス引越しの仲介業者の選び方では重要です。
知識が豊富だと自社の理想と一致した提案をしてくれますし、オフィスデザインを考えるときにもスムーズに進められるでしょう。
他にも担当者と円滑なコミュニケーションが取れるかも、オフィス引越しの選び方では押さえておくべき重要なポイントです。

注意が必要なオフィス引越しの作業とは

オフィス引越しで注意が必要な作業を、現在オフィスと移動予定のオフィスとに分けて考える必要があります。
現在使用しているオフィスの契約を解除する意思を明白にすること、また原状回復の工事の手続きをすること、さらに新しく使用するオフィスのレイアウトを考案することです。
オフィス全体を移動させるので、勤務している社員へ連絡をして周知をしておくことも必要です。
加えて移動をする際に梱包や運搬などの作業は業者に依頼する場合が多いので、オフィス引越し先で何が必要で何がいらないものなのかを確認してリスト化することも大切です。
同時に関係先に移動をすることを連絡して電話やインターネットなど通信関係の住所変更、情報末端の名義変更、関係会社への挨拶状の印刷などは引越しをする前に準備をしておくことが重要です。
またオフィス引越しでは、多くの手続きを行います。
移動後に行う手続きもありますが、期限を設けてある場合があるので、引越しするまでに確認をして、手続きの漏れがないように準備をします。

オフィス引越しに関する情報サイト
オフィス引越しのポイント

オフィス引越しをするにあたって確認しておかなければいけないポイントがあります。
公共交通機関からのアクセス性や、夜間の利用に関する規約などです。
雑居ビルでは夜間の利用が可能ですが、住宅エリアを兼ねている物件では21時までで商用利用をやめなければいけない物件も少なくありません。
こうした規約を事前確認しておくことで、引越し後のトラブルを未然に防ぐことが出来るのです。
ターミナル駅からアクセスしやすい路線駅であることも、従業員の利便性では重視したいポイントになります。

Search

新着情報